専務取締役 新開康博

営業本部長

高本 和幸

大学卒業後、総合人材サービス会社に入社。東京にて人材派遣の営業に従事。

その後札幌支社責任者、マッチング部責任者、人材紹介営業部責任者を歴任。2012年8月に特化型人材サービス会社として分社化し人材紹介営業部長として転籍。

2014年2月に代表取締役に就任し建設技術者に特化した人材紹介事業に注力。2021年5月より株式会社ウィルオブ・コンストラクションに営業本部長として参画。

建設業界の発展のために

建設投資額は1992年の84兆円をピークに、バブル崩壊から平成不況、IT不況を経て年々減少し2010年度には42兆円へと半減しました。
このため2000年からの10年間、建設業界は採用に関して抑制せざるを得ませんでした。それにより現在は就業者の内、約33%が55歳以上の高齢化という構造的な問題を抱えることになりました。

また業界の利益率も建設投資減少に伴い低下し2008年には1.0%と下がりました。建設業界の営業利益率は建物の品質や工事の安全性の向上のためにもとても重要な指標です。悪化をし続けると倒産につながり良質な社会インフラの整備、災害復興や地域経済、雇用にも影響します。

今、建設業界は若い力を必要としています。
そして生産性を高めて利益率を改善することが求められています。

この建設業界の大きな課題に対して我々はヒューマンリソース、デジタル技術の切口から解決することにチャレンジしていきます。
高い壁が立ちふさがるかもしれませんが可能性を信じてポジティブに行動すれば必ず道が開け、建設業界の発展のために貢献できると確信しています。

他のメンバーを見る